恋人とセフレの大きな違いはこころにあります


まず最初に、恋人とセフレの違いは、こころが通じているかいないかにあります。

セフレは単にセックスをするお友達というノリで、それほど好きだという感情がなくても成立してしまう関係だったりします。つまり、そこに「愛情」や「情」というような感情がなく、単に体だけの合体の間柄です。

 

それに対して、恋人は最初に「好き」という感情が生まれます。片方だけがその「好き」という感情を持っている場合は片思いになってしまいますが、両方が同じように「好き」という感情を持ったときに恋人として成立します。

 

「好き」という気持ちは愛情になり、愛している人のことを「恋人」と呼びます。

セフレにはこの「愛情」というものが希薄で、ほとんど存在しない間柄です。つまり、セックスだけする間柄で、人生のことを語り合ったり、人生を一緒に過ごして行きたいというような欲求がなく、欲求のままに、性欲を満たしたり、淋しさを埋めたりする行為をする相手のことを言います。

 

恋人とは、会っていない時間でも思い出したり、その人のことを大切に思ったり、将来のことを真剣に考えたりするものですが、セフレはそのような感情がなく、セックスだけする相手のことを言います。会って、セックスだけして、すぐに別れればさっぱりとしているのがセフレの特徴で、同じセックスでも、恋人同士のセックスとは違う意味あいをもっていて、快楽を求めて相手を利用して行う行為がセフレには見られます。
ちなみに、 快楽だけのセフレはセフレ掲示板jpのようなサイトで探せます

 

恋人同士になると、セックスにも愛情が込められています。例えセックスがなくても成立する関係が恋人だと言えます。一緒に映画を見に行ったり、遊園地に行ったり、買い物を一緒にしたりする時間が愛おしいと感じられるのが恋人です。

 

セフレとは一緒に他の行動を共にすることはまずありません。セックスだけの間柄なのです。もちろん、セフレになるには、誰でもいいというわけではなく、相手との体の相性がいいということが必要になってきます。なぜなら、快楽を求めている関係なのですから、よりよい快楽を得るためには、体の相性がよくなければなりません。

 

恋人の場合、体の相性が余り良くなくても、愛情面が強ければ成立する関係です。性格が好きだったり、顔が好きだったり、話が合ったり、気が合ったりすると恋人はセックスがなくても一緒にいるだけで幸せな気持ちになれます。

 

しかし、セフレは快楽が得られなければ成立しない関係ですから、話が合わなくても、体が合えば、セフレになれる可能性が大きいと言えます。

 

恋人は大切な絆で結ばれていますが、セフレは体で結ばれている間柄です。世の中には、セックスでこころの淋しさを埋めなければやって行けない人もいます。そういう人がセフレを作って、腐れ縁にならない、あっさりとしたセックスだけの関係を持つセックスフレンドをもつようになります。

快楽を求めての相手か、愛情を求めている相手かで、恋人かセフレかの違いがわかるようになります。