セフレは、男女が自身の快楽を追求するために構築された関係


恋人とセフレの違い、それは「位置」の違いです。

恋人とは、男女がお互いに特別な好意を持ち、お互いに利益を追求せずに付き合う関係です。

一方セフレは、男女が自身の快楽を追求するために構築された関係です。

そのため快楽という目的(利益)が達成されなければ、その関係は解消されてしまいます。

 

恋人の場合はお互いのことを知りたいと感じたり、互いの存在が安心感や安堵感を与えます。

つまり、自身の日常生活の延長線に位置しているのです。

そのため大きな見返りを求めることなく相手に奉仕することができますし、

何より本当に自分をその相手の前では解放できます。

そして解放してくれることを互いに望んでいます。

 

しかし、セフレはこれとは全く反対の位置にいます。

快楽を求めることはつまり、日々の生活に刺激を求めることにつながり、日常ではなく非日常に位置しています。

そのため、そのセフレとの関係を維持していくために自分を取り繕ったり、

自身が利益を得るための対価として相手に奉仕したりします。

 

つまるところ、恋人は現実的なものであり、セフレは非現実的なものとして「位置」づけられ、そこに差異が生じるのです。