セフレが恋人にならないとは限らない


恋人とセフレの具体的な違いとしては、やはり割り切り目的かどうかです。

セフレの場合は、完全にセックスをするだけの関係だと割り切って付き合うことになります。

それに対して恋人の場合は、セックスをするだけでなく、一緒にデートをしたり、相手の家に遊びに行ったりします。

要するに、お互いに愛を持って付き合うことになります。

 

ただ、必ずしもそれが全ての人に当てはまるとは限りません。

セフレの関係であっても、恋人のように付き合う人は決して少なくないのです。

 

セフレではあるものの、セックス以外の時も会って、どこかへ遊びに出かけたり、一緒にご飯を食べたりする人もいます。

あるいは、半同棲生活を送っていたり、外から見れば完全に恋人のような雰囲気で付き合っている人もいるのです。

 

セフレだからと言って、必ずしも全ての人が割り切り関係を目的としているわけではないのです。

人によって付き合い方は様々なので、恋人とセフレは違うようで、実は似ているのかもしれません。