セフレが恋人にならないとは限らない


恋人とセフレの違いについて語る時、多くの人は、なかなかその違いを見極めるのが難しいのです。

 

特に男女がセックスを行っている時に、その違いを見分ける事は殆ど出来ないのです。

 

が、恋人とセフレの違いは、特に交際初期の段階においては、特に顕著に異なるのです。

 

それは何故かと言うと、通常の場合、交際初期はお互いに恋心が熱くなっているので、色々な場面でお互いを思いやったり、愛を語り合ったりします。

さらに、デートで食事や映画やドライブなども楽しみ、セックス以外の事もお互いに楽しむのです。

また、セックスはおろか、キスも未経験のカップルの場合は、そこに至るまでの雰囲気そのものを楽しむ事も醍醐味で有り、いきなりセックスとはならないのです。

 

一方で、セフレとは、セックスフレンドの事であり、単純に言えば、ただ単にお互いの性欲を満たす為だけの友達関係の事を指します。

しかし、セックスでお互いに肉体の相性が合い、そこから恋愛感情が産まれ、そのまま恋人関係へと発展していったケースも存在するので、セフレが恋人にならないとは限らないのです。

 

つまり、セックスが有る無しに関わらず、交際初期の段階で、恋愛感情が有れば恋人に、セックスが有っても恋愛感情が無ければセフレとの区別が出来ます