恋人とセフレの違いというと、言葉どおり


恋人とセフレの違いというと、言葉どおりだと思います。

恋人は、恋をしている人、相手です。

セフレとは、セックスフレンド、セックスをする友達です。

セフレに、愛情があるか、無いかは別にして考えます。

もしかしたら、セフレがスタートだったとししても、それから愛情が芽生えて「恋人」になるケースもあるからです。

身体の作りの違いで、男性は、若い頃から性的な欲求が強く、異性との交渉を求めます。

逆に、女性の方は、行為そのものよりも真っ先に求めるのは、相手からの「愛情」です。

女性は、数をこなさないと、性的な喜びに目覚めないとも言われます。

だからこそ、見合い結婚などで、死ぬまで性の喜びを知らない女性も存在するのです。

さて、日本社会は、まだまだ古い考えが多く、純粋にセックスを楽しむという事にあまり理解がありません。

又、人との付き合い方も未熟な人が多いのです。

愛情を感じないまま、性交渉に及んでしまう人もいるでしょう。

一方で、多くの女性と交渉を持ち、遊んでいる男性でも、本当に好きになった人には、簡単に手が出せないといいます。

この相手こそが「恋人」と呼べるのではないでしょうか。

恋人とセフレは全くの別物です。

女性も、相手と交渉があるからといって、安心してはいけません。

もしかすると、単に都合がいいだけのセフレにされているかもしれません。